エモーショナル

CAST | MUSIC | COSTUME | TALK 

◀︎  EMOTIONAL SPECIAL SITE

 

CAST

 

橋本和加子

京都造形芸術大学、映像コース卒業。
佐藤真ゼミでドキュメンタリー映画を専攻。映画を多数製作する。卒業後は役者として活動を始め、バストリオの作品に多数出演している。バストリオ以外ではこれまでに遊園地再生事業団、ミクニヤナイハラプロジェクト、東葛スポーツなどに出演している。

好きな場所について:関屋町にあるサーキット場

砂川佳代子

「時々自動」メンバー。
クラリネット、サックスを吹き、うたをうたったり、ストリップティーズしたり。曲もつくります。国内外での公演に参加し、ライブも多数。音楽ユニット「すナマき」、「イマシアター楽団」での活動や、写真家としての一面もある。山が好きです。

好きな場所について:風が吹いている場所

中野志保実

神奈川県出身。
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科卒業。大学在学中より演劇を始める。近年の出演作はバストリオ「黒と白と幽霊たち」、モメラス「青い鳥」、青年団リンクRoMT.「夏の夜の夢」、オフィスマウンテン「ドッグマンノーライフ」等。2016年の春に自主公演を行うなど精力的に活動している。
苦手だけど歌うのが好き。

好きな場所について:リセットする場所

秋山遊楽

1994年生まれ。バストリオの作品にはこれまでに、2017年 映画「OVER,UNDER,AROUND & THROUGH」/2016年 舞台「YOUNG YOUNG MACHINES」に参加。

好きな場所について:モンブラン ドリンク付きセット600円

瀧澤綾音

1992年新潟生まれ。
生まれつきの心臓病、3歳のとき完治以来 外をかけずりまわり過ごす。
2003年から2010年 新潟市民芸術文化会館にて子供劇団に所属。
震災頃 ひきこもり、写真や絵 言葉を連ねる日々を送る。
2016年 文学座附属演劇研究所 本科 修了。
2017年 美学校 実作講座 演劇似て非なるもの 修了。
現在、無隣館 所属。

好きな場所について:からだ こころ たましい いきかえる場所

秋谷悠太

東京都出身。
大学時代、劇団動物電気のWSに参加したのがきっかけで演劇をはじめる。早稲田大学の演劇サークル「劇団森」に4年間在籍。卒団後、フリーで活動中。自主企画のコント公演をおこなったり、バンド活動も行なっている。近年では蓬莱竜太演出の作品などに出演している

好きな場所について:童心に帰れる場所

MUSIC

角銅真実

長崎県生まれ、音楽家 打楽器奏者。 打楽器、自身の声、身の回りの気になるあらゆるものを用いて、音楽といたずらを紡いでいる。 その形はインスタレーション、アートプロジェクトでの作品制作にも及び、演奏だけにとどまらない作家としての自由な表現活動を展開している。2017年7月、自身初となるソロアルバム”時間の上に夢が飛んでいる”を発表。
manamikakudo.wordpress.com

タカラマハヤ

1992年生。グラフィックデザイナー、写真家、打楽器奏者。 ミニマルミュージック楽団「東京塩麹」や、打楽器集団「La Señas」でパーカッションを担当。「都会民族楽団panorama」ではリーダーを務める。2016年より横須賀の古民家「飯島商店 Iijimashouten」を拠点に、展示やライブイベントの企画運営を行う。
takaramahaya.com

3日満月

権頭真由(アコーディオン/ピアノ/歌)、佐藤公哉(ヴァイオリン/歌)によるデュオ。チェコ共和国プラハの満月を長引かせて結成。不思議な縁で覚えた伝統音楽や、ある場所、ある作品、ある人、ある夢のためのオリジナル曲を演奏。子ども達と創る音楽サーカス「音のてらこや」を主宰。「表現(Hyogen)」のメンバー。映画音楽の制作、詩人、人形作家との共演や、イスラエルでのダンス作品への参加など、国内外で活動。

 

 COSTUME

catejina

連続するもの、繰り返すもの、永遠に途切れる事がないもの。 例えば、テクノのビートであり、録画されたアニメのループ再生であり、何週も出来るゲームであり。 過去 今 未来 と区切った時の今であり。 そんなところから発想を得たオリジナルのテキスタイルを主軸に、リメイクや、一点もの。 身につける事によって、少し外に出たくなるようなアイテムを提案する。

catejina.net

 

 

 

TALK

清原惟

1992年生まれ。映画監督。武蔵野美術大学映像学科卒業、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域修了。武蔵野美術大学在学中に監督した『暁の石』がPFFアワード2014に入選。同卒業制作の『ひとつのバガテル』がPFFアワード2015に2年連続で入選、第16 回TAMA NEW WAVEにノミネートされる。その後、東京藝大大学院映画専攻に進学し、黒沢清監督、諏訪敦彦監督に師事する。最新長編である藝大の修了作品『わたしたちの家』がPFFアワード2017で3度目の入選にしてグランプリを授賞する。同作は来年1月に渋谷ユーロスペースでレイトショー公開が決定している。他の作品に『火星の日』『しじゅうご円』『音日記』『波』がある。

特設ページに戻る