バストリオ / Busstrio

今野裕一郎が全作品の劇作・演出を務める演劇ユニット。自然や都市のもつ感触、役者の身体から出てくる生理や質感を活かし、フラットで豊かな作品をうみだす。生演奏による音と役者の声、ものと身体、光と影、テキストや映像を断片的に扱い、ドキュメンタリー編集の技法を用いて観客の想像力を喚起する演劇をつくりあげる。東京・足立区での半年間のワークショップ「こどもえんげき部」や、日本各地を音楽家とツアーで回る活動も行なっている。これまでにコラボレーションしたミュージシャンは空気公団、杉本佳一、minamo、滝沢朋恵、タカラマハヤ、角銅真実、三日満月など。

contact

The Busstrio is the performing unit based in Tokyo since 2010. All of it’s productions were written and directed by Yuichiro Konno. Their works are characterized by the flatness of approaches between fiction and documentary toward objects through the sense of nature or city and performer’s physical act or their texture. Most of their works are in the motifs of animals, allegories and life and death.
They are very active in corroborating with musicians (such as kukikodan, Keiichi Sugimoto, minamo, Kazuya Matsumoto & Tomoe Takizawa). In 2013, they found their own style of performing with live music in the production “Million times” collaborated with the musical unit minamo. They obtained a unique theatrical direction that piece the scarps of texts, frames or sounds using the technique of literary cut-up by their own point of view.


PEOPLE

 

今野裕一郎

映画監督 演出家

1981年生まれ。バストリオ主宰。映画監督、演劇作家。横浜国立大学経済学部を中退後、京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科卒業。大学在学中にはドキュメンタリー映画監督の佐藤真氏に師事。ドキュメンタリー映画の制作を行う。「出産」をテーマに家族が増える喜びを描いたドキュメンタリー映画『3人、』がある。劇映画の監督としても活躍しており、初の劇場公開長編映画となる『Hello,supernova』は池袋シネマ・ロサやドイツ・フランクフルトの映画祭で公開された。演劇界では宮沢章夫氏が主宰する遊園地再生事業団で三本の作品に映像・出演で参加。
バストリオを2010年に立ち上げ以降、精力的に演劇の枠に留まらない作品を次々と発表してきた。

Yuichiro KONNO

Film and Theater Director

a director of the performing unit The Busstrio, also a film director and playwright, was born in 1981. He has studied economics in Yokohama National University but dropped from there and transferred to Kyoto University of Art and Design to study films and performing arts. He has studied under a documentary film director Makoto Sato at the university and also created his own works. His latest film is “Sannin,” themed on giving birth and a joy of welcoming the baby into the family. He was also active to make story films and his first feature story film “Hello,supernova” which is ensemble casting film based in Tokyo in 2011 was unveiled in 2014. In theater, he has studied under Akio Miyazawa, the director of Yuenchisaiseizigyodan theater company and worked with him as a visual creator. He fond The Busstrio in 2010 and introduced works continuously.

 

 

橋本和加子

Wakako HASHIMOTO

役者 制作

大阪府出身。京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科卒業。在学中はドキュメンタリー映画監督の佐藤真氏に 師事。授業公演『ガレージを巡る五つの情景』(宮沢章夫演出)出演を機に役者を志す。卒業後、上京し、 バストリオの立ち上げから全作品に出演。バストリオ以外の主な出演作品に遊園地再生事業団『ニュータウ ン入口』 (2008年)、『トータル・リビング1986-2011』(2011年、宮沢章夫演出)、アル☆カンパ ニー『家の内臓』(2010年、前田司郎演出)、岡崎藝術座『街などない』(2011年、神里雄大演出)、 off-Nibroll『街にひそむ』(2014年、矢内原美邦振付)、ミクニヤナイハラプロジェクト『東京ノート』(2016年、矢内原美邦演出)など。

twitter

新穂恭久

Yasuhisa  SHIMBO

デザイナー

武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。 2012年『Very Story, Very Hungry』に演出助手として参加。 以降ほとんどの作品にスタッフ、出演者として参加している。バストリオの宣伝美術などデザイン全般を担当している。

 

 

黒木麻衣

Mai KUROKI

美術

アーティスト/イラストレーター。1992年鹿児島生まれ。
2013年女子美術ヴィジュアルデザイン学科卒業。
絵を主体とした作品を制作し発表。映像・写真、ことばでもアプローチします。
『バストリオ』ではヴィジュアル面でのアートワーク全般、また美術を担当。

website
instagram

COMMENT

飴屋法水(美術家)

横浜聡子(映画監督)

 

空気公団


佐々木敦(批評家)


クリス・グレゴリー(演劇研究者)


中村一義(音楽家)


権頭真由(momo椿*/表現-Hyogen)

やついいちろう(エレキコミック)

相川渡(どついたるねん)

名児耶ゆり(俳優)