2015年「HIKIKOMORI」

秋良美有 芸術家

美術

愛知県名古屋市生まれ。 個人制作では、他者との関係性を築く空間づくりをしている。 芸術表現が現代に与える本質を探究し、鑑賞者を巻き込む舞台装置を日常に出現させる。 現在東京藝術大学大学院美術研究科修士課程在学。

http://serori.jp/

秋山遊楽 俳優

『MOUNTAIN OF CLOTHES』衣装制作

NODA・MAP、バストリオ、東京キャラバン、劇団かもめんたる、spacenotblankなどの作品に出演。

小川沙希 パフォーマー

『Grind House Coffee』装飾/『グラインドハウス』出演

武蔵野美術大学にて舞台美術を学んだのち、演劇、朗読、映画、MVなどに出演。”世界の料理を食べる会”で初めて作・演出、空間構成を手掛け、演劇公演を行う。

http://suuing.tokyo/

岡村陽一 サウンドエンジニア/中年男性

音響

専門学校で録音を学ぶ。インドの古典楽器の奏者と出会い関わる中で、 さまざまなスペースでのステージ音響にも携わる機会が増える。 2015年よりバストリオの公演のいくつかに音響として参加。

黒木麻衣 アーティスト/イラストレーター

イラスト/『MOUNTAIN OF CLOTHES』衣装制作

ニャー」のディレクション

1992年鹿児島生まれ。2013年女子美術大学ヴィジュアルデザイン学科卒業。 絵を主体とした作品を制作し発表。映像・写真、ことばでもアプローチしている。 『バストリオ』ではヴィジュアル面でのアートワーク全般、また美術を担当。

http://kurokimai.strikingly.com

今野裕一郎 演出家/映像作家

演出

1981年千葉県生まれ、東京都足立区在住。幼少の頃から日本各地に引っ越して暮らしてきた。吉祥寺のことはまだよく知らない。

busstrio.com

photo:佐藤瑞季

嵯峨ふみか 俳優/デザイナー

フライヤーデザイン

1991年生まれ、秋田県出身。 桜美林大学総合文化学群演劇専修卒業。 大学在学中より俳優・宣伝美術を始める。 現在フリーで活動中。

https://twitter.com/kamifugasa

酒井和哉 俳優

『グラインドハウス』出演

福島県出身。大学在学時より多数の演劇作品に参加。現在はフリーで活動。近年の主な出演作に、マレビトの会『福島を上演する』(松田正隆演出)、地点『どん底』(三浦基演出)、ツチプロ『青』(千葉哲也演出)、砂地『Hamlet』(船岩祐太演出)、ミクニヤナイハラプロジェクト『東京ノート』(矢内原美邦演出)、新国立劇場『十九歳のジェイコブ』、F/T13『石のような水』、パルコ『レミング』(以上、松本雄吉演出)、流山児★事務所『田園に死す』(天野天街演出)、山下残『庭みたいなもの』など。ドラマ『リーガルV』『ブラックペアン』『花燃ゆ』など映像への出演も多い。バストリオ作品へは『夜はそのまなざしの先へ流れる』(2012)以降多数参加している。

https://www.instagram.com/sakaism_waltz/

photo:光岡幸一

坂藤加菜 ダンサー

『グラインドハウス』出演

1993年東京うまれ。身体を用いた作品の発表、音楽家の演奏に交ざる踊り子、映像作品への出演、横須賀 飯島商店の催し「となりあう身」主催、演劇ユニット〈バストリオ〉への参加など。

https://sakatoukana.tumblr.com

新穂恭久 デザイナー

ウェブデザイン

武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。 バストリオでは主にデザインを担当している。

杉浦俊介(BRÜCKE)コーヒー屋

『Grind House Coffee』豆のデリバリー

二本の川に挟まれた小台という土地でBRÜCKEというコーヒー屋をしています。 豆の配達もはじめました。 スラックラインが得意な気がします。やってみたいです。 フランス語を少しだけ話します。英語を話せるようになりたいです。

odaibrucke.org

photo:mai comura

タカラマハヤ グラフィックデザイナー/写真家/打楽器奏者

『グラインドハウス』出演/美術

1992年生。印刷物のデザインを中心に、映像や楽曲、舞台美術に到るまで幅広く手掛ける。 西アフリカ楽器、電子カリンバ、ステレオ多重録音による演奏を得意とする。東京塩麹に所属。 2015年よりオルタナティヴスペース「飯島商店 Iijimashouten」を拠点に展覧会やイベントの企画運営を行う。

http://takaramahaya.com
https://twitter.com/mahayap

西田宗由 料理人

『こどもおとな食堂』

東京都出身、茨城県在住。足立区北千住にあるBUoY北千住アートセンターで、毎週月曜日にこども食堂をバストリオの今野裕一郎と一緒に立ち上げ、街に住む家族、貧困家庭や一人暮らしの老人のために食事を提供する場を作っている。

桒野有香(ニャー)

出張ごはんとお菓子

ニャーという屋号で実店舗を持たず、たまーに宿を借りて、行きたいところの食べたいごはん、お菓子をつくっています。 ニャーは奄美大島のことばで、貝のこと。 お会いできたら、うれしいです。

https://nyahiroi.tumblr.com

橋本和加子 パフォーマー

『グラインドハウス』出演/広報

大阪府出身。京都造形芸術大学、映像コース卒業。在学中はドキュメンタリー映画監督の佐藤真ゼミでドキュメンタリー映画を専攻。バストリオの立ち上げから全作品に出演。バストリオ以外ではこれまでに宮沢章夫や矢内原美邦、小田尚稔らの作品に出演している。

https://www.instagram.com/wakako_hashimoto/

萬洲通擴 アロマテラピー

香りの演出

東京板橋区大山生まれ。桜美林大学総合文化学科演劇専修卒業。バストリオ作品に役者として参加。役者を退いた後、アロマテラピー検定取得。バストリオでは公演受付・銭湯企画・いい香り担当。一見何なのかよく分からない人として現在も関わらせて頂いている。

半田美樹 女優

『グラインドハウス』出演

‪京都出身。‬ ‪バストリオには「YOUNG YOUNG MACHINES」「私たちのことを知っているものはいない」で参加。そのほか、ピンク・リバティ、マームとジプシー、岩切一空監督作品「花に嵐」「聖なるもの」などにも出演。‬ 好きな場所は、高野川。喫茶店。

https://twitter.com/Handa629

松本一哉 音楽家/サウンドアーティスト/打楽器奏者

『グラインドハウス』出演

東京を拠点に活動している石川県金沢出身の音楽家、サウンドアーティスト、作曲家、打楽器奏者、ドラマー。 主に楽器ではなく、波紋音を中心とした音の鳴る造形物や非楽器を使用。 音階や旋律ではなく音の響きそのものや、音の流れに着目し、自然の中での演奏・録音からドキュメンタルな作品作りを行うなど、独自の音楽活動を展開。 自身の演奏と環境音とを繋げていき、空間全体を聴く事で表現する即興音楽は、打楽器奏者の枠を超えより自由に空間の成り立ちを提示できる数少ないアーティストとして様々な分野から高い評価を受けている。

http://www.horhythm.com/
https://twitter.com/horhythm

和久井幸一 カメラマン

映像撮影

1988年千葉県生まれ。 早稲田大学文化構想学部卒業。 映像作家ヴィンセント・ムーンに私淑し、演奏映像を得意とする。

NHK Eテレ『ムジカ・ピッコリーノ』(2018)コーナー監督(浅井一仁と共同)

https://www.koichiwakui.com