ストーン

2018年7月21日 – 22日|三鷹 SCOOL


演出
今野裕一郎

出演
岩間愛
菊地敦子(※21日のみ)
黒木麻衣
斎藤友香莉
酒井和哉
坂藤加菜(※22日のみ)
嵯峨ふみか
佐藤駿
新穂恭久
タカラマハヤ
橋本和加子
深澤しほ

美術|黒木麻衣
音楽|タカラマハヤ
映像|佐藤駿
衣装制作|秋山遊楽

記録写真|コムラマイ
宣伝美術|シンクロ(黒木麻衣 新穂恭久)
企画・制作・主催|バストリオ
協力|犬など 小駒豪 ヌトミック 萬洲通擴 砂川佳代子 シバイエンジン フォセット・コンシェルジュ

特設ページ


STONE

石はそこにある。
そこ、って、どこかわからないけど、
わからないけどそこにある。
そこへ向かって手を伸ばすとき、
そこじゃなくてもよくて、少し動かす。
動かないものが動くこと、そこで感じること。
惑星たちは巡ってるうちにわかりあえないまま、
距離は近づいたり離れたりどこでもないところまで。
ありがとう、ストーン


先月、横浜にある急な坂スタジオの部屋で、20日間展示しました。
決まっていることは、僕が扉を開けて、最後に閉じるということ。
1日目は自分だけだった。その後、様々な人たちが訪問してくれて、気づくと店のようになって、創作のことや日常のことを会話したり、ジグソーパズルを組み立てたり、コーヒーを美味しく淹れたり、誰かと散歩したり、服を作ったり、なにか発表をしたり、最終日は部屋のあちこちでたくさんのことが起きていた。


以前、ある人に、今野さんは作っている意識はあるんですかと聞かれてうまく答えれず、
自分がいつも何をしているのか考えてたら、
作ってるとは思うけど、なにか生き物と向き合ってるような、そんな気がした。


参加者のみんなが分かり合えないものと出会って、日々を部屋で過ごす。来る人もいれば、来ない人もいる、本番出ない人もいれば、出る人もいる。自由な意志によって、その形がどうなっていくのか。石は成長するらしい、それにはどのような大きな時間がかかったのか。
いま石はどこにあるのか。
そんな風に『ストーン』を作ろうということになりました。


この度、SCOOLに来てくれたお客さんには感謝しかありません。
扉は開くこともあれば閉じることもあります。
楽しんでいただけたら幸いです。

今野裕一郎(出典:当日パンフレット)