らいげつむいか・空気公団とバストリオ

新世界より From the New World

2012年6月6日|西麻布・新世界


作・演出

今野裕一郎


出演

上村梓

今野裕一郎

橋本和加子

平石はと子


演出助手|鈴木徳至

主催|オフィスフワリ

「言いたいこと言っても良いですか?」


という第一声で始まった「新世界より」という作品は、未来という前方に、光を向けるために始まりました。
西麻布「新世界」というライブハウスで、ドヴォルザークや、産まれてくる子供と、今と過去と未来を一緒に見るために、街を散歩するように、女性たちが未来をイメージすることの可能性を、希望を見つけようとしました。
空気公団とのライブのために作られた20分のパフォーマンス作品です。


「新世界は、未来ですか?」
「未来でもありますが、すぐに懐かしくなります。ここを離れたらきっと分かります」
「わたし、新世界で歌を歌ってる夢をみました」


「というわけで、俺はこの新世界に誰よりも先にやってきました」
「このバーカウンターから、彼女を見ています」


——女たちが手にもっている懐中電灯を高々と上げる


「それは?」
「これは、光です」