京都公演 2016年11月5日-6日 @punto
東京公演 2016年11月9日-13日 @桜台pool


わたしはこの島のことを知らない。
この島には夢や希望が満ちていて、
深い森の奥にはまだ わたしの知らない人たちがいて、
そこはまさに革命的なところだと聞いた。
わたしは観光客だった。
女の声が聞こえる。
わたしたちに会いにきてください。
わたしたちのことを知りたいなら、
ここまで来てください、
光を見失わないようにしてください。
わたしは北にも南にも東にも西にも
どんな方向にも強い意志をもって向かう。
迷うことなどない。
わたしたちのことを知るためだった。


作・演出

今野裕一郎

出演

砂川佳代子
橋本和加子
坂藤加菜
佐藤駿
中野志保実
半田美樹

音楽

杉本佳一

img_0358


京都公演

11月5日(土)14:00/19:00☆
6日(日)14:00
☆アフタートーク
5日19:00の回 村川拓也(演出家・映像作家)


東京公演

11 月 9 日(水) 20:00
10 日(木) 15:30/19:30☆
11 日(金) 19:30☆
12 日(土) 15:30/19:30
13 日(日) 13:30/17:30
☆アフタートーク
10日19:30の回 佐々木敦(批評家)
11日19:30の回 三宅唱(映画監督)


TICKET

一般 予約2,300円
学生 予約2,000円
当日 2,500円
18歳以下 無料
(東京公演は上記に別途ドリンク代)


チケット予約:2016年10月1日(土)0時受付開始
京都公演予約フォーム
東京公演予約フォーム

携帯メールアドレスですと、予約完了メールが受信できないおそれがあるため、
PCメールアドレスでのご予約をお願い致します。
問い合わせ: busstrio@gmail.com

img_0423

nn_access_bold

京都公演

punto

京都府京都市南区東九条南山王町6-3 3階

京都市バス「大石橋」 徒歩1分
京都市営地下鉄烏丸線「九条」駅 ①番出口 徒歩3分
JR奈良線・京阪電鉄「東福寺」駅 徒歩15分
JR・近鉄電車「京都」駅 八条東口 徒歩7分

東京公演

桜台 pool

東京都練馬区桜台1-7-7シルバービル地下2階

西武鉄道池袋線「桜台」駅 徒歩2分
西武鉄道豊島線・西武有楽町線、都営地下鉄大江戸線「練馬」駅 徒歩11分

nn_cast_bold

nn_sunakawa

砂川佳代子

劇団「時々自動」メンバー。
主にクラリネット、サックスを吹き、うたをうたう。『Lightology』(シンガポール Esplanade theatres on the bay)、『うたのエリア』三部作(シアターイワト)など、国内外での公演に参加し、ライブも多数。音楽ユニット「すナマき」、「イマシアター楽団」での活動や、写真家としての一面もある。バストリオ作品は今回が9本目。

橋本和加子

大阪府出身。京都造形芸術大学、映像コース卒業。バストリオメンバー。在学中は佐藤真ゼミでドキュメンタリー映画を専攻。映画を多数製作する。卒業後は役者として活動を始め、バストリオの作品に多数出演している。
バストリオ以外ではこれまでに宮沢章夫や前田司郎、神里雄大、矢内原美邦らの作品に出演している。

坂藤加菜

1993年東京うまれ東京そだち、ダンサー、武蔵野美術大学映像学科卒業。これまでにユニット〈ピグマリオン効果〉やソロ名義で作品を発表。今年の活動は、神保町試聴室で公演『うみ鳴り』(鈴木健太と共作)、横浜ダンスコレクションコンペティションⅡ出演、横須賀 飯島商店にて「となりあう身」を主催など。

佐藤駿

大学在学中より、自主映画の監督や出演などをはじめる。主な出演に、映画『ジョギング渡り鳥』(監督:鈴木卓爾、2016)、舞台『人間と魚が浜』(作・演出:三野新、2016)など。パフォーマンスをつくる団体「犬など」を主宰。
犬など website

中野志保実

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科卒業。
中学生の頃、ダンス部に入部したことがきっかけでミュージカルに興味を持ち、次第に舞台俳優に憧れるようになる。大学在学中より役者として活動を始め、これまでに様々なジャンルの演劇に触れる。現在は自主公演を行うなど精力的に活動している。いつかウユニ塩湖に行く。

半田美樹

1993/06/29生まれ。
出身は京都で、役者になりたいと思って東京に上京しました。役者を目指して京都を出た私が、役者として、京都にもどる。すごく不思議な気持ちです。月日は流れているんだな〜と実感しています。
好きなこと。川を眺めること、銭湯
好きな場所。高野川
好きな食べ物。てんぷら、もも

nn_music_small

keiichisugimoto_02

杉本佳一

FilFla、FourColor、Vegpherなどのサウンドプロジェクトや映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、TVCM等の広告音楽を手掛けるサウンドアー ティスト/コンポーザー。
2004年カンヌ映画祭では宮崎淳監督による「FRONTIER」が監督週間おいて「若い視点賞」、2006年フランス・エクスアンプロヴァンス映画祭ではドイツ人監督Timo Katzによる「Whirr」が「オリジナル映画音楽部門賞」を受賞。

音響|岡村陽一(東京) 林実菜(京都) 照明・美術|小駒豪 制作|加藤彩世(京都)
宣伝美術|シンクロ(黒木麻衣・新穂恭久) 記録映像|和久井幸一 記録写真|黒木麻衣
協力|時々自動 萬洲通擴 手塚太加丸 豊山佳美 ナハウス 岡野昌代(picoler) シバイエンジン
制作・企画・主催|バストリオ