動け、生きろ、泳ぎだせ!
クレジット

イントロダクション

「想像力は海を渡って泳いでいく」孤高の映像作家・今野裕一郎が平成最後に贈る最強パンク・ムービー『グッドバイ』!!

親友が行方不明になったことがきっかけで『グッドバイ』を作りました。制作当時はシリアでの空爆やテロ行為が世界で頻発していた年でした。ニュースでは目の前から消えた人たちが数字に変換されて生も死も曖昧なものになります。
視界に入らないものに対して想像することを止めなかったとき、やがてお互いを分けてしまう川に飛び込んで境界線は揺れます。その揺れのなかに身を置くことで世界の豊かさに触れることができるなら、大切な誰かに会えるなら、喜んでビショビショになりたいとおもいます。そして好きに見てもらえたら幸いです。

監督・今野裕一郎

ストーリー

街は川で分断されている。
男はあちら側へ行った。女はこちら側で動かない。
男は全てを忘れてしまった。
彼女たちは抵抗を続ける、生活して、表現をして、商売をして、子供を作って、街で生きている。
どこへ向かおうと呼吸をやめない男はやがて変容する。
そしてある朝、男は魚になっていた。

コメント

物語の吸引力にひっぱられ現実が止まりました。例えば行きたかったインドに連れて行かれたような感覚に。地上で、宇宙で、体内で起きていること、それらもリンクしたように見えてきて、突如地面から湧いてきていた彼にはやられました。不思議と彼は体内の小さな細胞やある時は植物にも見えたりして。人は模索しつくしたら新しい一歩を踏み出すしかないんだと背中を思いっきり押された気分です。

片岡礼子(女優)

ぎっちゃんが誰でどの人なのか見ていてもよくわからない、なんの話かもよくわからない、それがぼくは気が楽だ、この映画に出ている若い人たちも小さな子どもも猫も文鳥もいつか何十年後明日かもしれないみんな死ぬ、死んでいなくなる、この映画も撮られたことを忘れる、川だけが全部消えて忘れられても流れている、そのことも気を楽にする、水の音はそこに何をかぶせても聞こえてくる

山下澄人(小説家)

中学で教わった数学はぜんぜん忘れてしまった。先生は話の合う人で、楽しかった。
先生、今、この目に映る世界は壁のようです。
しばしば柔らかな日差しに撫でつけられるがしかし、何かの焼ける匂いだけが徐々に近づいてくる。
この頃の、この感じの正体を知るには、あの時教わった、xを用いた式が必要だ。式を知ろうと、誰もが小さい画面に首を垂れる。
この映画の中の人たちはそのかわりに、叫び、踊り、泳ぎ、走り、抱きしめる。
壁の向こうに誰かが居ると信じている。
おれも信じて、歌う。

折坂悠太(歌手)

今野さんの映画に映画的文法を見出すのは困難だ。
時間と空間の捉え方が特殊すぎるからだろう。
世界におけるすべてのものが、世界に存在する権利を持っていることを今野さんは見逃さない。
それらは絶え間なく互いに反発したり溶解したりを繰り返す。
「分断」の裂け目からあふれるものを今野さんはいつも掬い上げようとしている。

横浜聡子(映画監督)

「世界」に対して、どんな態度で臨むのか?
どうやって向き合うのか?
何でもいいわけではない。そんな時代は終わった。
ここにひとつの答えがある。
力強く、しなやかで、勇気に満ちた答えだ。

佐々木敦(批評家)

始まってすぐに、なんだこの映画は…。
途中で何回も、なんだこの映画は…。
終わってさらに、なんだこの映画は…。
つまり終始、「なんだこの映画は…」に襲われるわけだが、その意味合いが次々と変わっていく。そしてやがて、完全に気づくのである。「なんだったんだあの映画は!?」と見事に掴まれていることに。

ノゾエ征爾(脚本家・演出家・俳優・はえぎわ主宰)

今野監督の映画は透明感があって素敵な空気感が流れるのと同時に人の核に触れる。主演の菊沢将憲も透明感を保ちながらもある意味鋭く、それはどこかで感じてきた風景とかさなる。きっと人の時間というのは様々な色をもっていて一瞬で膨らんだり縮んだりするが、それはどこか片方の目で観ながら身体で押し返してくる記憶ではないかと映画を観たあと確信した。

矢内原美邦(振付家・演出家)

中学生ぐらいの時に、「あの人死んだらしい」と言われて死にたいと思ったことがある。
生きている間は「生きているらしい」と言われないなあと考えたりした。
それから時を経て、人生とはなにかにたどり着いた気がする。
心の中を映し出すのは難しいけれど、画面の中の彼らの背景が見える気がした。
そして意味はどこにもなくて、どこにもあることを再確認した。
手を目一杯上に伸ばしたくなる作品だった。

山崎ゆかり(空気公団)

この映画、物語が脈絡なく唐突に、まるで駄洒落並みに連接…というか跳ぶ跳ぶ。でもそれが不自然を超えてむしろ天然であるがごとく錯覚してしまう程度には妙に生々しいものだから、見ている自分が透明人間、あるいは幽霊にでもなって徘徊しているような感覚になる。生きている心地が危うい、というか。

黒澤伸(金沢21世紀美術館副館長)

小さな水流が集まって大きな川になるように登場人物が描かれる。
それぞれの生活や立場、そして戦争と平和。
この不思議な作品は、あなたの日常にも通ずるかもしれません。

横川寛人(映画監督)

菊沢将憲は応援します。久しぶり住田雅清と会いたいなあと想いました。

柴田剛(映画監督)

深夜、オルタナティブなロックンロールを聴いてるみたい。
言葉がコンテンポラリーしていて、ディープ世界にトリップしていく感じがじわじわと。
そのくせ油断してると素手で殴りにくる、なにこれ。意味不明だし!

山田佳奈(映画監督・舞台演出家)

一見、脈略のないシーンや台詞やダンスの置き方が舞台作品みたいな。出てくる人達のつながりも謎解きのような。
何処にでもいそうでそう居ない菊沢君は、ここでも低温度の目つきと高温度の身体をしてる。そして多分、自分の中で本当に起こった事しか演らない人だ。

康本雅子(ダンサー/振付家)

生と死の境目が不確かな世界観で、この不条理な世の中で生きていく上での不安が切なくかつコミカルに描写されている。生者の淡々とした日常と、イメージの連鎖や飛躍で展開される彷徨う死者の旅が交互に織り成されて、そしてやがて絡み合う。

クリス・グレゴリー(演劇研究者・翻訳者)

今野裕一郎監督は、これまでの作品でも「生と死」「寓話と日常」「ケとハレ」を飛び越えるマジックを見せてくれた。 そして、その先を描いている『グッドバイ』では、彼岸の誰かに向かって自らの存在を叫び、手を振るということが、同時に此岸の人々に対しては、その背中で物語る人間讃歌にもなり得ることを教えてくれる。あちら側もこちら側も、本当はすべてこちら側なのだという、逃れようのないタネ明かしに膝を打った。

汐田海平(プロデューサー)

この映画を見ていると、手の届かないと思っていた遠い人々や記憶が、ぼんやりと側にあるような、でもやはり遠いような矛盾した感覚になる。世界の距離感がぐねぐねと変容していく。でも、そこには誰かが誰かをおもうまっすぐな気持ちがピンと張り詰めていて、それを手がかりに少しずつ想像力を伸ばしていける。そうしてやがて、スクリーンの先へ手が届くかもしれない。この映画から溢れてくるポジティブな自由さが、とても好きです。

新谷和輝(映画研究者・字幕翻訳家)

はじめて見たときびっくりした。映画だけを撮り続けている人では踏み込まない場所があった。それでいて誰かにとっての決定的な映画にもなり得ると思った。その可能性を感じたので僕は今野監督に「映画館で上映しませんか?」と声を掛けました。

小原治(ポレポレ東中野スタッフ)

スタッフ

監督今野裕一郎
今野裕一郎
1981年生まれ。映画監督・演出家。横浜国立大学経済学部を中退後、京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科卒業。ドキュメンタリー映画監督の佐藤真氏に師事。2014年に監督作『ハロー、スーパーノヴァ』が池袋シネマ・ロサで公開、2015年にドイツの映画祭「ニッポンコネクション」に選出。2010年には主宰をつとめるパフォーマンスユニット「バストリオ」を立ち上げる。同ユニットでは生演奏による音と役者の声、ものと身体、光と影、テキストや映像をフラットに扱い、ドキュメンタリー編集の技法を用いて観客の想像力を喚起する演劇作品は日本各地で発表してきた。
音楽杉本佳一
杉本佳一
FilFla、FourColor、Vegpherなどのサウンドプロジェクトや映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、TVCM等の広告音楽を手掛けるサウンドアーティスト/コンポーザー。2004年カンヌ映画祭では宮崎淳監督による「FRONTIER」が監督週間おいて「若い視点賞」、2006年フランス・エクスアンプロヴァンス映画祭ではドイツ人監督Timo Katzによる「Whirr」が「オリジナル映画音楽部門賞」を受賞。
http://frolicfon.com/
音楽角銅真実
角銅真実
長崎県生、音楽家 打楽器奏者。打楽器、自身の声を用いて、バンドceroをはじめとする様々なライブサポート・作品制作に携わる他、CM、映画、ダンス作品の音楽制作など、作家としての自由な表現活動を国内外で展開している。2017年7月に1stソロアルバム“時間の上に夢が飛んでいる”、2018年8月に2ndアルバム“Ya Chaika”をリリース。2016年~ドラマー石若駿のSong bookプロジェクトでは作詞と歌唱で参加するほか、最近は、ORIGINAL LOVEの新しいアルバムにパーカッションで参加、原田知世の新しいアルバム“L’Heure Bleue”に作詞家として二曲歌詞を提供した。
https://manamikakudo.wordpress.com/
撮影和久井幸一
和久井幸一
カメラマン。 映像作家ヴィンセント・ムーンに私淑し、演奏映像を得意とする。NHK『ムジカ・ピッコリーノ』(2018) 第6期コーナー監督(浅井一仁と共同) 折坂悠太 『道』(2016) 『よるべ』(2017) 松倉如子と渋谷毅 『雪はこどもに降ってくる』(2018)
https://www.koichiwakui.com

キャスト

菊沢将憲

菊沢将憲

記憶を失った男。蘇って川辺で必死に生きようとする。レジスタンスの男と本当の友人になる。川の向こうに大切な人がいる。

俳優・映画監督。高校時代より音楽を始め、博多のライブハウス『照和』でレギュラー出演。1995年『空間再生事業 劇団GIGA』に入団し、2000年より主宰。役者・劇作家・演出家として活動、韓国での公演も重ねる。2003年に主演映画『815』がバンクーバー国際映画祭にて審査員特別賞を受賞。現在はフリーの俳優として野田秀樹・河瀬直美・西田シャトナー・小野寺修二・ノゾエ征爾・江本純子・長谷川寧の作品に出演。コンテンポラリーダンスの世界でも黒田育世・矢内原美邦・康本雅子の作品に出演し独自の活動を展開。2016年にアヴィニョン演劇祭で初演されたアンジェリカ・リデル演出の舞台に出演し、活動の場を世界に広げる。また、監督した映画『おーい、大石』が、PFFアワード2016に入選し荻上直子監督より絶賛され映画監督としても注目を集めた。上映会やアートイベントの企画も手がけるインディペンデント精神の塊。

砂川佳代子

砂川佳代子

町に住む女。猫と暮らしている。デッサンモデルの仕事をして生計を立てている。デモの活動を続けている。

キュレーターの勉強をしていた大学在学中に、パフォーマンスを製作・上演する劇団「時々自動」のメンバーとなる。2002年の舞台『Lightology』以降「時々自動」の国内外での公演、ライブに多数出演し、クラリネット、サックス、ウクレレの演奏だけでなく、うたをうたったり、作曲、ストリップもする。「時々自動」以外での主な出演作に、美術パフォーマンス『La charme』(01/笠原恵美子)、『コーネリアス・カーデュー ~大学と論文』(09/足立智美)がある。バストリオでは2012年の舞台作品『Very Story, Very Hungry』に出演以降、立て続けに出演。また、音楽ユニット『すナマき』での活動や、写真家としての一面も。美術モデルを生業とし、静止するのが得意。ヨガインストラクターでもある。

橋本和加子

はしもとさん・レジスタンスの女橋本和加子

町に住む女。文鳥と暮らしている。一緒に住んでいたぎっちゃんがある日居なくなる。

大阪府出身。京都造形芸術大学、映像コース卒業。在学中はドキュメンタリー映画監督の佐藤真ゼミでドキュメンタリー映画を専攻する。卒業後は俳優として活動をはじめ2010年のバストリオの立ち上げ以降全作品に出演する。バストリオ以外の主な舞台出演作品に『家の内臓』(10/前田司郎)、『トータル・リビング1986-2011』(11/宮沢章夫)、『東京ノート』(16/矢内原美邦)、『ウラGBB』(15/金山寿甲)、『聖地巡礼』(18/小田稔尚)などがある。

坂藤加菜

踊る女坂藤加菜

町で暮らしてダンス作品を作っている。河原でダンスの練習をしているとき川の向こう側からの声を聞く。

1993年東京うまれ。身体を用いた作品の発表や音楽家の演奏に交ざる踊り子、映像作品への出演、横須賀 飯島商店の催し「となりあう身」を主催するなど幅広く活躍。2016年の舞台『うみ鳴り』では出演だけでなく鈴木健太と共に演出も手がけ、2018年に桑原史香と共に振り付け・演出した『こんなに知らない貝と皿』がある。また、バストリオでは2016年の舞台作品『YOUNG YOUNG MACHINES』以降『TONTO』、『ストーン』、『黒と白と幽霊たち 莇平版』と立て続けに出演する。映画の出演作には『暁の石』(14/清原惟・飛田みちる)、『ひとつのバガテル』(15/清原惟)などがある。

郷田明希

リンゴ売りの女郷田明希

町でリンゴを売って生計を立てている。踊る女と出会って川の向こうを見ようとする。

1990年生まれ。俳優。主な出演作に映画では『プレイタイム/praytime』(15/平波亘)、『Please Please Please』(16/堀内博志)、舞台では明日のアーや小田尚稔の作品に出演。バストリオでは2016年の舞台作品『YOUNG YOUNG MACHINES』に出演してる。

秋山莉沙

街に住む女秋山莉沙

町に住む女。お酒が好き。はしもとさんと同じ町に住んでいて久しぶりに会う。ぎっちゃんのことを知っている。

東京都生まれ。大学在学中は油画を学ぶ。3歳からコマーシャルやスチールなどで活動。2012〜2013年の間、舞台作品に出演する。バストリオでは『Very Story,Very Hungry』(12)、『グッドバイ』(13)に出演。その他の出演作品にはQ『虫』がある。

郷田明希

レジスタンスの男松本一哉

レジスタントとして活動している。打楽器を用いた演奏やドラムの演奏をする。野外での演奏が得意。

東京を拠点に活動している石川県金沢出身の音楽家、サウンドアーティスト、作曲家、打楽器奏者、ドラマー。主に楽器ではなく、波紋音を中心とした音の鳴る造形物や非楽器を使用。音階や旋律ではなく音の響きそのものや、音の流れに着目し、自然の中での演奏・録音からドキュメンタルな作品作りを行うなど、独自の音楽活動を展開。自身の演奏と環境音とを繋げていき、空間全体を聴く事で表現する即興音楽は、打楽器奏者の枠を超えより自由に空間の成り立ちを提示できる数少ないアーティストとして様々な分野から高い評価を受けている。

予告編

『グッドバイ』
2019年/46分/カラー/HDV
監督・脚本・編集今野裕一郎
出演菊沢将憲 砂川佳代子 橋本和加子 坂藤加菜 郷田明希 GAKKUN 秋山莉沙 今野裕一郎 稲継美保 中野志保実 松本一哉 望月志津子 半田美樹 石田ミヲ 武田有史 黒木麻衣 北野正明
撮影・編集和久井幸一
録音橋本和加子
音楽杉本佳一・角銅真実・松本一哉
絵・題字黒木麻衣
文字デザイン新穂恭久
字幕翻訳Ian Macdougall
ウェブサイト児玉悟之
宣伝美術タカラマハヤ

劇場情報

グッドバイ

『グッドバイ』

3月30日(土)〜4月5日(金)
連日 21:00〜

@ポレポレ東中野

当日券のみ ¥1,300 均一

『グッドバイ』公開記念・今野裕一郎作品オールナイト上映

『グッドバイ』先行上映 + 『3人、』『信じたり、祈ったり』『水の大師の姉弟』

3月23日(土)24:00〜

24:00〜プレトーク開催
ゲスト:宮沢章夫(劇作家/演出家/小説家)、南波典子(『3人、』出演)

@ポレポレ東中野

前売券 2,000円(整理番号付き)

当日券 2,300円(前売券が完売の場合は補助席のご案内となります)

整理番号付き前売券は2月23日(土)より発売開始
・ポレポレ東中野窓口(整理番号NO.1~50)
・ぴあオンライン Pコード559-667(整理番号NO.51~100)

オールナイト上映作品

3人、

『3人、』

2013年|83分|カラー|DV
監督・撮影・編集 今野裕一郎
出演 佐藤拓道 佐藤典子 佐藤麓

今野の友人である夫婦から「私たちの出産を映画に撮ってほしい」とリクエストされ作られたドキュメンタリー映画。出産前の夫婦の時間、出産、そしてその後の3人の時間が丁寧に描かれる。ピザの注文を巡って夫婦が小さなけんかを繰り広げる時も、出産という大きな峠を越える時もカメラは家族に寄り添いその時間を静かに見つめている。その眼差しが切り取る画にはまるで奇跡のような美しさが宿り見るものの心を強く揺さぶるだろう。

信じたり、祈ったり

『信じたり、祈ったり』

2010年|31分|カラー|DV
監督・撮影・編集 今野裕一郎
出演 渡辺結子 渡辺珠子 齊藤庸介 太田順子 今野裕一郎 渡辺優子 渡辺航

大学を卒業した今野が、東京の下町・北千住へ拠点を移し自身の街で子供たちを被写体に撮影した初期の短編映画。幼い姉妹のユイコとタマコ。誰もが通った幼少期の瑞々しい刹那をフラットな視線で静かに見つめた傑作。その視線は映画監督の横浜聡子氏に「執着と忘却の間、大人と子供の間を、皆がふわふわと行ったり来たりしていて他の人には見えないその”間”を見ている監督は、おでこに第三の目を持っているのだろう」と評される。第6回札幌国際短編映画祭オフシアター部門入選作品。

水の大師の姉弟

『水の大師の姉弟』

2007年|114分|カラー|DV
監督・撮影・編集 今野裕一郎
出演 秋山次治 秋山恵津子
撮影|小林光春 橋本和加子

京都造形芸大在学中の今野が佐藤真ゼミのメンバーと共同制作した卒業制作作品。兵庫県淡路島にある海辺の国道沿いで料理屋を営む年老いた姉弟の生活を二年間に渡り見つめたドキュメンタリー映画。台風や震災による老朽化、時代の流れに取り残されてしまったかのように佇む水の大師荘。通り過ぎる車を見つめながら日々を豊かに過ごそうとする2人の生き様を喜びも悲しみもないまぜに捉えた大作。本作で培われたドキュメンタリー作家としての資質は表現者としての今野の原点となった。